ブログ

ヒトを大事にするのがパーパス経営 門多 丈

経営環境が変わるなかで流通業では顧客のニーズに合わせてビジネスモデルを変えていく必要があるが、それを実現するためには人的資本経営が重要である。

PBRを上昇させるには 門多 丈

東証から「資本コストや株価を意識した経営の実現に向けた対応について」などをタイトルとする資料が公表された。PBRの向上を促すものである。

サステナビリティの有報開示 門多 丈

今年から有価証券報告書でのサステナビリティ開示が求められる。取締役会で自社のマテリアリティ(天候異変や人的資本のみならず、イノベーション、サプライチェーン、資源エネルギー問題など)に焦点を当てて主体的に議論をすべきである。取り上げたマテリアリティについては「ガバナンス」、「戦略」、「リスク管理」、「目標と指標」の項目でのメリハリのある開示を行うべきである。

企業価値と株価 門多 丈

企業価値を継続的に向上させることが企業経営とコーポレートガバナンスの目的である。明確な戦略、差別化の働く事業、適切な経営資源の配分とリスク管理で高い企業価値は形成され、投資家によるその信任の証が株価となる。

北極圏の地政学 門多 丈

北極の氷解と共に、北極圏を巡り軍事、航行、資源(鉱物、漁業)などを巡り地政学上の緊張が高まっている。中国の動きもあり日本も積極的に関与すべきである。

人的資本経営とリスキリング 門多 丈

有価証券報告書についての内閣布令の改正で、「サステナビリティに関する企業取組み」が企業内容等の開示に追加されることとなった。それには人的資本や多様性に関する開示も含まれるが、開示にあたっては取締役会では人的資本経営の基本的な考えとともにダイバーシティ・アンド・インクルージョンやリスキリング、賃上げなどの課題についての議論が重要である。

企業経営とデータ・リテラシー 門多 丈

DXは経営トップのリーダーシップで進めるべきであり、氾濫するデータを効果的に把握、分析するインテリジェンスと、経営判断に活かすリテラシーが必須である。

エネルギーの地政学 門多 丈

ロシアのウクライナ侵攻で、グローバルなエネルギー情勢は激変した。米国はシェールで安泰、ロシア依存の脆弱な欧州、原油・ガスの輸出が死活のロシア、ロシアとの紐帯を強化する中国やインドなど、ダニエル・ヤーギンは「新しい世界の資源地図」でその背景を分析する。

細則主義に陥ったコーポレートガバナンス・コード 門多 丈

昨年のCGコード改定で70を超える項目についてComply or Explainが求められようになっている。各企業は取締役会での議論を深め、Explain も活用し自主的に実態と課題を開示すべきである。

ウクライナ侵攻と日本の経済安保 門多 丈

ロシアのウクライナ侵攻はグローバル地政学の様相を全く変えた。日本企業の取締役会でも、素材・資源・エネルギーの確保、サプライチェーンの再構築、海外事業の資産没収のリスクの認識、など経済安保の議論をしっかり行う必要がある。

お問い合わせ先

一般社団法人実践コーポレートガバナンス研究会

ページトップへ