ブログ

オリンパス社:道半ばの経営・ガバナンス改革 門多 丈

オリンパス社は経営と執行を分離し、取締役会の過半数を社外が占める体制を敷いた。今後の取締役会の課題は、当社の向かうべき戦略を決定することと経営陣による事業執行を適切に監督することである。

板谷敏彦著「日露戦争、資金調達の戦い」を読んで 門多 丈

国の信用が問われている時代である。国としても財政の規律を維持するとともに、国際金融市場での資金調達やIRについての明確な戦略と知見が重要になって来ている。

経営の「不作為」の象徴:エルピーダ破綻 門多 丈

日本経済や産業の停滞はデフレが原因ではない。この間の企業戦略や経営判断の数多くの間違い、環境変化にスピーディーに対応できない企業経営の体質にも原因がある。エルピーダ社の破綻については、経営陣と経産省、スポンサー企業の不作為に責任がある。ソニーなど大手電機メーカーの巨額な赤字については、戦略や収益・コストの構造的な問題を取締役会でこれまでどのような議論をして来たのかの説明義務がある。

「ファンドの春~今こそ問われる運用の質」シンポジウムに出席して 門多 丈

AIJ/年金消失事件では、運用を受託する投資顧問会社の専門性と職業倫理が厳しく問われている。「受託責任」は年金基金、投資顧問会社双方に重要である。

AIJ/年金消失事件の本質(2) 門多 丈

AIJ/年金消失事件でのAIJ投資顧問の詐欺的行為は論外であるが、年金基金の受託者としての責任の面での問題も深刻である。

AIJ投資顧問/年金消失事件の本質 門多 丈

AIJ投資顧問/年金消失事件の本質は年金基金、投資顧問の双方でのガバナンスの欠如である。独立系投資顧問会社やファンド投資全般についてのネガティブな論調は合理的ではない。運用がブラック・ボックス化していたことに問題があったのである。

何故我々は「指名委員会」の重要性を強調するか 門多 丈

実践コーポレートガバナンス研究会の理事会が提言した会社法改正案・中間試案に対するパブリックコメントの中では、指名委員会の重要性を強調した。オリンパス社や大王製紙の不祥事のコーポレートガバナンス上の教訓が、「社長、役員人事がお手盛り、密室で行われたこと」の問題にあると考えるからである。

経営者の保身と新聞ジャーナリズムの責任 門多 丈

最近の経済系新聞の報道は、短視眼的なものが多く、日常に流されている。状況の本質をとらえた深みのある報道を目指すべきである。

危機をなぜ防げなかったのか 門多 丈

危機を予見しながら経営のリーダーシップ欠如や組織の欠陥で、効果的に対応しないことが多くある。東電福島原発事故もその例である。危機回避や対応に組織が効果的に対応するように、監督・監視することもコーポレートガバナンスの役割である。

オリンパス社事件と監査役の責任 門多 丈

オリンパス社事件に関しての「監査役等責任調査委員会」の調査報告書は、監査役の善良管理注意義務違反の有無について幾つかの局面に分け主に取締役の業務執行の監督・監視の責任の面から調査し結論を出している。報告書では監査役の責任については、社内と社外に分けて論じていないことにも注目すべきである。

お問い合わせ先

一般社団法人実践コーポレートガバナンス研究会

ページトップへ