セミナー情報詳細

2019年5月17日(金) 第104回 月例勉強会のご案内

社外取締役として見た日本企業のコーポレートガバナンス
~日本社会との長年の関わりから感じたこと~

日本企業のコーポレートガバナンス改革が進む中、取締役会のダイバーシティは重要項目の一つとなっています。
そこで今回は、エーザイ、三菱重工業、日本取引所グループなど複数の企業で社外取締役を務めるクリスティーナ・アメージャン教授をお迎えし、23年間にわたる日本企業との関わりや、実際に大企業の取締役に就任して感じたことをお話しいただくこととなりました。
日本企業の経営や取締役会の姿がどのように変化して来たか、東アジアや欧州との比較も踏まえて解説していただくほか、指名委員会、後継者計画(サクセッション・プラン)のあり方や取締役会評価など、日本企業におけるコーポレートガバナンスの課題についても詳しくお伺いします。どうぞご期待ください。

講師:クリスティーナ・アメージャン 氏 | 一橋大学大学院経営管理研究科 経営管理専攻 教授
【※ご講演は日本語にて行われます】

1959年スウェーデン生まれ(国籍は米国)。1981年ハーバード大学卒業、1987年スタンフォード大学ビジネススクール経営学修士課程修了、1995年カリフォルニア大学バークレー校ハース・スクール・オブ・ビジネス博士課程修了。1995年コロンビア大学ビジネススクール助教授を経て、2001年一橋大学大学院国際企業戦略研究科助教授、2004年同教授、2010年同研究科長、2012年より現職。ベイン・アンド・カンパニーと三菱電機において民間企業の勤務経験を持つ。 現在、三菱重工業株式会社、株式会社日本取引所グループ、住友電気工業株式会社の社外取締役を務める傍ら、数多くの日本企業や多国籍企業に対する研修やコンサルティングも行う。専門研究テーマは、コーポレートガバナンスや、東アジアおよび欧州、米国の資本主義の比較制度、日本企業の様相変化など。日本在住23年。母国語である英語と同様、日本語、中国語を話す。

開催概要

日時 2019年4月18日(木)11:30~13:30
主催 一般社団法人実践コーポレートガバナンス研究会
会費 一般6,000円/会員3,000円/学生2,000円(税込・昼食付)
当日会場にてお支払いください。領収書をお渡しいたします。
場所 コンベンションルーム AP東京丸の内
東京都千代田区丸の内1-1-3 日本生命丸の内ガーデンタワー3階
TEL:03-5224-5109
(JR・丸ノ内線「東京駅」/
丸の内線・千代田線・半蔵門線「大手町駅」から徒歩約4分)
(都営三田線「大手町駅」D6出口直結)
お申し込み お席の都合上、ご参加を希望される場合は、
2営業日前の17時までに事前登録をお願いいたします。
所属組織・部署・役職・お名前を明記の上、
セミナー事務局seminar@icgj.orgまでお申し込みください。
お申し込み後のキャンセルは2営業日前の17時までにご連絡ください。
恐縮ながら、それ以降のご連絡およびご連絡なしのご欠席は、
キャンセル費として2,000円(昼食代実費)をご請求いたします。

お問い合わせ先

一般社団法人実践コーポレートガバナンス研究会

ページトップへ