セミナー情報詳細

2017年6月6日(火) 第83回 月例勉強会のご案内

トランプ大統領の米国と国際政治の新潮流 ~異色の大統領がどこまで変身できるか~

日米首脳による相互献花を提唱し続け、2009年に「オバマ大統領がヒロシマに献花する日:相互献花外交が歴史和解の道をひらく」を出版したことで、オバマ大統領と安倍首相の広島・真珠湾の相互訪問実現の糸口を作ったジャーナリストの松尾氏にご講演をいただくこととなった。トランプ大統領の当選という予期せぬ結果に終わった米国大統領選の背景には、米国社会の目に見えない変動があったと思われるが、著書「銃を持つ民主主義―『アメリカという国のなりたち』」で、イギリス人のアメリカ入植以来の米国の歴史を追ってきた松尾氏に、この変動がどのようなものであるか、また今後の米国社会にどのような影響を与えるかについてご説明いただく。また、昨今の緊迫した世界情勢の中で米国はどのような役割を果たそうとしているのか、日本はどのように対応すべきか、共同通信の元ワシントン支局長など長年にわたるジャーナリストとしてのご経験から、いま私達が見なければならない課題について語っていただく。

講師:松尾 文夫(まつお ふみお)氏
松尾文夫事務所 代表 ジャーナリスト

1933年8月12日東京生まれ。1956年3月、学習院大学政経学部政治学科卒業。同年4月、共同通信社入社。大阪社会部、本社外信部を経てニューヨーク、ワシントン特派員、バンコク支局長、ワシントン支局長、論説委員などを歴任。この間、1971年4月10日発売の中央公論5月号に「ニクソンのアメリカと中国 ― そのしたたかなアプローチ ―」と題する論文を発表、米中和解を予測した。1984年末から共同通信社が米国のAP通信、 ダウ・ジョーンズ社と提携して展開した国際金融情報サービス「テレレート」の業務を担当。共同通信社常務取締役、共同通信マーケッツ代表取締役社長などを歴任。2002年5月、松尾文夫事務所を設立、ジャーナリストに復帰。アメリカ専門家として活動を開始。2004年7月、著書「銃を持つ民主主義 ―『アメリカという国』のなりたち ―」 (2004年3月小学館刊) が第52回日本エッセイスト・クラブ賞を受賞。2009年8月「オバマ大統領がヒロシマに献花する日: 相互献花外交が歴史和解の道をひらく」、2017年1月「アメリカと中国」(岩波書店)を出版。

開催概要

日時 2017年6月6日(火)11:30~13:30
主催 一般社団法人実践コーポレートガバナンス研究会
会費 一般5,000円/会員3,000円/学生2,000円(税込・昼食付)
※領収書をご用意しております。当日会場にてお支払いください。
場所 日本外国特派員協会
東京都千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビル北館20階
TEL:03-3211-3161(日比谷駅直結/有楽町駅より徒歩1分)
お申し込み お席の都合上、ご参加を希望される場合は事前登録が必要です。
メールに所属組織・部署・肩書・お名前を明記の上
セミナー事務局seminar@icgj.orgまでお申し込みください。
欠席される場合は前日までにご連絡をお願いいたします。
ご連絡なく欠席された場合は、キャンセル費が発生いたします。
(1,500円:昼食代相当)

お問い合わせ先

一般社団法人実践コーポレートガバナンス研究会

ページトップへ