セミナー情報詳細

2018年6月21日(木)第94回 月例勉強会のご案内


社外取締役の多様な役割認識と女性取締役の任命パターン

2015年のコーポレートガバナンスコードの導入から独立社外取締役の数は大きく増加し、また女性の社外取締役の登用も増えている。社外取締役には経営者の戦略的意思決定をモニターする役割が期待されているものの、社外取締役の間では自らが果たす役割に認識の違いがみられる。また経営者も社外取締役には自らのモニターよりも外部の専門家として助言を期待する傾向がある。さらに女性の社外取締役の任命に関しても企業により違いがある。社外取締役の多くは社内外の異なる期待の間で着地点を探っていることがうかがえる。また男性と女性の社外取締役では異なるバックグランドが好まれるようで、企業側が女性社外取締役に期待していることが男性とは異なることを示している。
今回は、シンガポール経営大学の好川教授にご登壇いただき、社外取締役が自らの役割をどのように捉えているか、またどのような女性社外取締役が任命される傾向にあるかをデータに基づいて詳しく解説していただく。

講師:好川 透(よしかわ とおる)氏|シンガポール経営大学 ビジネススクール 教授

1985年から1993年東京(2年)トロント(6年)にてCIBC World Markets 勤務。1997年(加)ヨーク大学ビジネススクールにてPh.D.取得。1997年から2002年日本大学商学部、2002年から2006年シンガポール経営大学ビジネススクール准教授、2006年から2010年(加)マクマスター大学ビジネススクール准教授および教授、2010年よりシンガポール経営大学ビジネススクール。学術ジャーナルAsia Pacific Journal of Management, Journal of Business Venturing, Corporate Governance: An International Review, Oxford Research Reviews: Business and Management, Asian Business & Management, Multinational Business Reviewの編集ボードメンバー。シンガポール在住。

開催概要

日時 2018年6月21日(木)11:30~13:30
主催 一般社団法人実践コーポレートガバナンス研究会
会費 一般5,000円/会員3,000円/学生2,000円(税込・昼食付)
領収書をご用意しております。当日会場にてお支払いください。
場所 日本外国特派員協会
東京都千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビル北館20階
TEL:03-3211-3161(日比谷駅直結/有楽町駅より徒歩1分)
お申し込み お席の都合上、ご参加を希望される場合は事前登録が必要です。
メールに所属組織・部署・肩書・お名前を明記の上
セミナー事務局seminar@icgj.orgまでお申し込みください。
お申し込み後のキャンセルは2営業日前までにご連絡ください。
恐縮ながら、それ以降のご連絡およびご連絡なしのご欠席は、
キャンセル費として2,000円(昼食代実費)をご請求いたします。

お問い合わせ先

一般社団法人実践コーポレートガバナンス研究会

ページトップへ