セミナー情報詳細

2017年9月14日(木) 第85回 月例勉強会のご案内

日本企業の行動変化と株式市場

近年、上場企業の企業収益は順調に増加し、ROEも向上傾向にある。具体的行動変化を見ると、「M&Aの件数・金額の増加」「海外現地法人の売上高増加」「株主還元の強化」「個人株主への対応充実」「株主総会運営の変化」「株式持ち合い比率の低下」「親子上場件数の減少」などが目立つところであり、こういった行動変化の背景には「コーポレート・ガバナンス・コード」「スチュワードシップ・コード」などを受けての経営者自身の意識変化がある。
そこで今回は、野村アセットマネジメント株式会社 顧問の稲野和利氏をお招きし、主として機関投資家という立場からコードの実践という観点での現実的問題点に言及すると同時に、かつて指名委員会等設置会社において経営に携わった経験を踏まえた問題意識をご披露いただくこととなった。
また最近、日本企業の海外子会社による重大な不祥事が続発しているが、連結ベースでの取締役会における監督責任についてもお話をいただく。

講師:稲野 和利(いなの かずとし)氏
野村アセットマネジメント株式会社 顧問/元 日本証券業協会 会長

昭和28年生まれ。昭和51年 東京大学法学部卒業。同年 野村證券株式会社 入社、平成9年 取締役、平成12年 専務取締役。平成14年 野村アセットマネジメント株式会社 取締役社長 兼 野村ホールディングス株式会社 取締役、平成15年 野村ホールディングス株式会社 取締役副社長 兼 Co-COO。平成20年 野村證券株式会社 執行役副会長、平成21年 野村アセットマネジメント株式会社 取締役会長、平成23年 取締役会議長。平成25年 日本証券業協会 会長に就任。平成29年7月より野村アセットマネジメント株式会社 顧問(現職)。平成21年~25年 経済同友会 副代表幹事、投資信託協会 会長、日本証券アナリスト協会 会長も務める。

開催概要

日時 2017年9月14日(木)11:30~13:30
主催 一般社団法人実践コーポレートガバナンス研究会
会費 一般5,000円/会員3,000円/学生2,000円(税込・昼食付)
※領収書をご用意しております。当日会場にてお支払いください。
場所 日本外国特派員協会
東京都千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビル北館20階
TEL:03-3211-3161(日比谷駅直結/有楽町駅より徒歩1分)
お申し込み お席の都合上、ご参加を希望される場合は事前登録が必要です。
メールに所属組織・部署・肩書・お名前を明記の上
セミナー事務局seminar@icgj.orgまでお申し込みください。
欠席される場合は前日までにご連絡をお願いいたします。
ご連絡なく欠席された場合は、キャンセル費が発生いたします。
(1,500円:昼食代相当)

お問い合わせ先

一般社団法人実践コーポレートガバナンス研究会

ページトップへ