セミナー情報詳細

2018年12月20日(木) 第99回 月例勉強会のご案内

ROE経営と見えない価値 ~CFOポリシーの理論と実践~

一連のコーポレートガバナンス改革の中で、ROEを意識した経営、またその先にあるESG(環境、社会、統治)や非財務資本(見えない価値)の訴求による持続的価値創造の重要性が高まっている。中でも、コーポレートガバナンス・コードの改訂により、資本コストを意識した経営が求められるなど、経営の羅針盤としてのCFOの役割がより重要性を増している。
今回の勉強会では、日本企業の「不都合な真実」に焦点を当て、その解決策として、現役CFOとしての財務戦略「CFOポリシー」の実践と、大学教授として著書で発表した理論フレームワークを紹介する。具体的には、資本コストと企業価値の関係を勘案したROE経営の在り方から、伊藤レポートでも採択された「エクイティ・スプレッド」、およびESGと企業価値の関連性を追求して、見えない価値を"見える化"するための「非財務資本とエクイティ・スプレッドの同期化モデル」を提案し、世界の投資家サーベイの示唆や実証研究も合わせて議論を深堀したい。これらの議論が日本企業のCFOポリシーの策定と実践に寄与できればと願う。

講師:柳 良平(やなぎ りょうへい)氏 | 博士(経済学)/エーザイ株式会社 常務執行役 CFO(最高財務責任者)/早稲田大学大学院会計研究科 客員教授

京都大学博士(経済学)。米国公認管理会計士、米国公認財務管理士。
公職として東京証券取引所上場制度整備懇談会委員、経産省「伊藤レポート」執筆委員、日本IR研究学会理事、日本管理会計学会常務理事、米国公認管理会計士協会(IMA)常任理事等を務める。
職歴としては、銀行支店長、メーカーIR・財務部長、UBS証券エクゼクティブディレクター等を経て現職CFO。早稲田大学及び東洋大学の客員教授を兼任。2017年度早稲田大学Teaching Award総長賞受賞。主著:「ROE経営と見えない価値」、「ROE革命の財務戦略」(中央経済社)

開催概要

日時 2018年12月20日(木)11:30~13:30
主催 一般社団法人実践コーポレートガバナンス研究会
会費 一般6,000円/会員3,000円/学生2,000円(税込・昼食付)
当日会場にてお支払いください。領収書をお渡しいたします。
場所 コンベンションルーム AP東京丸の内
東京都千代田区丸の内1-1-3 日本生命丸の内ガーデンタワー3階
TEL:03-5224-5109
(JR・丸ノ内線「東京駅」/
丸の内線・千代田線・半蔵門線「大手町駅」から徒歩約4分)
(都営三田線「大手町駅」D6出口直結)
お申し込み お席の都合上、ご参加を希望される場合は、
2営業日前の17時までに事前登録をお願いいたします。
所属組織・部署・役職・お名前を明記の上、
セミナー事務局seminar@icgj.orgまでお申し込みください。
お申し込み後のキャンセルは2営業日前の17時までにご連絡ください。
恐縮ながら、それ以降のご連絡およびご連絡なしのご欠席は、
キャンセル費として2,000円(昼食代実費)をご請求いたします。

お問い合わせ先

一般社団法人実践コーポレートガバナンス研究会

ページトップへ