セミナー

会員限定勉強会

2010/02/26

【第1回会員限定勉強会】IFRS、そのコーポレートガバナンスに与えるインパクト

■講師:
永峰潤氏(公認会計士・税理士/永峰・三島会計事務所 代表パートナー)

■講演内容:
全く新しい概念の国際財務報告基準として、昨年来メディアを騒がせている『IFRS』。そのインパクトは、会計ビッグバンと呼ばれる10年前の会計改革とは比較にならないものだと言われています。早ければ2015年度にも上場企業への強制適用が見込まれています。

本勉強会では、コーポレートガバナンス視点での議論を深めることを目的に、IFRSの登場がコーポレートガバナンスに与えるインパクトについて講演していただきました。
IFRS登場の背景となったグローバリゼーションとアメリカ型金融資本主義を会計の歴史から説き起こし、「従来の会計は過去指向型、IFRSは未来指向型」と定義付ける永峰会計士のご講演は、個々の会計基準を追った一般のIFRSセミナーとは一線を画す非常にユニークなものとなりました。
前へ 1 2 3 4 5

お問い合わせ先

一般社団法人実践コーポレートガバナンス研究会

ページトップへ