ブログ

デジタル情報化とリスク管理・内部統制の課題(2) 門多 丈

米国などでのeディスカバリー(電子情報証拠開示)での知財訴訟の普及もあり、情報や知財の厳密で適切な管理は企業戦略、知財戦略の点で欠くべからざるファクターとなっている。

デジタル情報化とリスク管理・内部統制の課題(1) 門多 丈

情報漏洩は企業にとっては致命的なダメージになる。リスク管理や内部統制の体制を整備し、取締役会の監督や監査役が監視することが重要である。デジタル情報化の中での情報漏洩事件には、電子データを復元し解析する技術を使っての効果的な調査が必要となる。

試される企業経営トップの矜持 門多 丈

みずほ銀行、JR北海道の経営トップは事件発覚の際に記者会見に出なかった。今回の事件の背景には、両社の取締役会、内部統制が機能しなかったことがある。

独立取締役の職務と能力向上 門多 丈

独立取締役が効果的に機能するためには、その育成、能力向上も課題である。コーポレート・ファイナンスやリスクマネジメント等経営を十分理解出来る人材が求められる。取締役教育を日本の企業に根付かせるには、経営トップにそのように迫る株主の姿勢が重要となる。

トヨタの社外取締役起用に思う 門多 丈

トヨタが初めて社外取締役(3人)を起用した。起用が功を奏するには、経営と執行の分離のコーポレートガバナンス体制をどう構築していくかにかかっている。

みずほ銀行産業調査部レポート「ステークホルダーとの調和の取れた企業経営のあり方」を読んで 門多 丈

みずほ銀行産業調査部レポート「ステークホルダーとの調和の取れた企業経営のあり方」には、社外独立役員を含めた取締役会の在り方やコーポレートガバナンスの意義や課題についての議論が欠落している。

コモディティ化の流れに抗して 門多 丈

ニコンやキャノンのデジタル一眼レフ高級カメラの販売が好調である。日本のメーカーの商品差別化・ブランド戦略での成功例である。日本の「ものづくり」戦略に示唆することも多い。

「会長とCEOの分離」のロジック 門多 丈

「経営と執行の分離」の原則に照らせば、執行の監視の責任者である取締役会の議長と業務執行の最高責任者(CEO)の役割を同一人が担うべきではない。

まるで「痴話喧嘩」の川重社長解任劇 門多 丈

川重社長解任劇は株主不在の「痴話喧嘩」である。取締役会が機能していないという点での、ガバナンス体制の問題を明らかにした。川重経営陣はこの間の経緯と今後目指すべき企業戦略についての、明確な説明が求められる。

シャープ「銀行管理」にもの申す 門多 丈

シャープの経営刷新に当たって、みずほコーポレート銀行と三菱UFJ銀行から財務と経営企画を担当する取締役が就任の予定という。株式公開会社であるシャープの経営の中枢に銀行が役員を「派遣」することには、著しい利害相反の問題がありコーポレートガバナンス上も看過できない。

お問い合わせ先

一般社団法人実践コーポレートガバナンス研究会

ページトップへ